中日・山本昌が「引退・新球・優勝」を独占激白!(3)長年続けられている転機は小山氏との出会い

── 自主トレ期間中に山本が必ず訪れる“虎の穴”がある。鳥取市にあるトレーニング施設「ワールドウィング」だ。キャンプイン直前もチームメイトの岩瀬仁紀や山井大介らと足を運び、トレーニングに励んだ。

山本 これは岩瀬本人から聞いた話なんだけど、岩瀬が99年に入団する際、近藤真市投手コーチ(当時スカウト担当)から、「山本さんもそろそろ潮時が近づいているから、その後釜として期待している」と口説かれたそうなんです。ちょうど僕が30代半ばにさしかかる時期。確かに、その頃のプロ野球界には「35歳限界説」のような風潮があった。でも、今もこうして僕はドラゴンズのユニホームに袖を通し、岩瀬と一緒に練習している(笑)。

── 周囲の限界説を吹き飛ばし、50歳になるまで野球を続けられているのは、「ワールドウィング」小山裕史代表との出会いがあったからだという。

山本 95年のオフに初めて会った際に、小山先生は「マサ君のフォームは美しくてすばらしい」と評したんです。「おそ松くん」に登場するイヤミのシェーのようなポーズの投球フォームだと自分でも自覚していたから、すぐに小山先生に、その真意を尋ねました。すると「強いバックスピンがかかる、非常に理にかなった投げ方をしている」と説明してくれたんです。

 今は封印しているけど、趣味のラジコンを始めると全日本選手権4位に入賞するまでのめり込む。「ドラゴンクエスト」はレベル99まで上げないと気が済まない‥‥。そもそもオタク気質なところがある僕は、「バイオメカニクス」(生体力学)の専門家である小山先生とすぐに意気投合。科学的な分析により、究極の投球フォームの習得を目指しているんです。今日に至るまで肩や肘に大きな故障がないのは、理論的に投球を捉え、合理的なトレーニングを継続した結果だと思っています。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年2月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。