11月引退を決意した天龍源一郎が「革命と反骨39年」を語り尽くす!(3)最後に行き着いたのは家庭だった

── 89年11月29日には札幌で馬場さん、94年1月4日には東京ドームでアントニオ猪木さんをフォールする偉業を成し遂げました。

天龍 馬場さんをフォールした時は、社会的ブームになっていたUWFが東京ドームに進出した日でしたからね。いずれ天国で馬場さんに会ったら「あの時は本当に俺の押さえ込みを返せなくて『天龍、参った』っていう気持ちでしたか?」って聞きたいですね。今となっては馬場さんの強烈なるプロ意識、経営者の感覚で1行でもいいからUWFの東京ドームじゃなくて全日本プロレスをスポーツ新聞の紙面に躍らせてやろうという策略があったんじゃないかと思うんです。馬場さんは徳川家康の本をよく読んでいましたからね。

 猪木さんのすごさは、1回も肌を合わせたことがない馬場さんの子飼いだった俺との一騎打ちに踏み込んだこと。あの土性骨には恐れ入ります。

── 90年春、40歳で全日本を退団してから65歳の今日まではメガネスーパーのSWS設立に参加したり、みずからWARを旗揚げしたかと思えば、全日本復帰、フリー、天龍プロジェクト旗揚げなど波乱万丈の人生でしたが、それによって長州、藤波辰爾や武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也の闘魂三銃士などの新日本のトップ選手との対決、大仁田との電流爆破マッチ、UWFスタイルの高田延彦、女子プロの神取忍など、夢の試合が実現しました。

天龍 スポットライトを浴びているヤツに、その時に触らなかったら語れないって思う俺がいましたよ。だから対戦相手を求めて右往左往している俺がいたんですね。飽きることなく常に一歩踏み出す自分がいた。一つの場所にいると「こんなはずじゃない」って何かを模索する。それを貧乏性って言うんですよ(苦笑)。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年2月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「長州力」のニュース

次に読みたい関連記事「長州力」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三沢光晴」のニュース

次に読みたい関連記事「三沢光晴」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。