サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「マイネルフロストが“3強”の一角を崩す」

 いよいよ春競馬の開幕だ! 中山で行われる「中山記念」はGI馬3頭が人気を分け合う形だが、万券王・水戸氏は3強崩しの一番手にMフロストをあげた。一方、阪神の「阪急杯」は、昨秋のマイル王ダノンシャークに注目!

 イスラボニータ、ヌーヴォレコルト、ロゴタイプ。毎年、顔ぶれのいい中山記念だが、今年はGI馬3頭が名を連ねる豪華版だ。

 イスラボニータとヌーヴォレコルトは、ここが今期の始動となる。

 前者は、ジャパンC9着以来、3カ月ぶりの実戦。そのJCは、自身初めての着外。距離が長かったことが敗因にあげられているが、だからそれまでにない疲労感もあったそうだ。

 しかし放牧等でしっかりケアされたことで回復は早く、1月半ばに帰厩してからはしっかりと追われて本来の姿を取り戻している。

 後者は、エリザベス女王杯2着惜敗以来、これまた3カ月ぶりの実戦。こちらは、休養入りはレース前から決まっていたことで、間が開いても調整に抜かりはない。1週前の追い切りも文句なしで、臨戦態勢はきっちり整っている。

 この2頭に今期3戦目になるロゴタイプが激突するのである。見応えある白熱したレースになること請け合いだ。

 が、馬券となるとどうだろう。「3強」で決まるとは思いがたい。頭数は少ないものの、骨っぽい顔ぶれがそろっているからだ。「3強」は定量より1~2キロ重い斤量を背負っての競馬。このへんも微妙に影響しそうである。

 かといって大きく荒れるということはあるまい。03年に馬単が導入されて以降、その馬単で万馬券になったのは2回(馬連では1回)。1度は不良馬場でのもので、1番人気が4勝(2着1回)、2番人気が3勝(2着2回)というデータからも、紛れはあっても「3強」がそろって連対を外す可能性は小さいだろう。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年2月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。