働き盛りの3人に1人が菌を保有! 歯磨きしても消えないその口臭の原因とは?

 汗のニオイ、タバコのニオイ、足のニオイ、加齢臭‥‥。ビジネスマンは日々、自分の発するニオイに気を使っている。なかでも突出して気にしているのが「口臭」ではなかろうか。 

 しかし、一口に「口臭」と言っても、そのニオイは原因によって違う。例えばニンニク、ネギ、お酒などの飲食物による口臭なら、食べたモノそのもののニオイだから、食後の歯磨きで消臭できる。歯周病でもない限り、エチケットさえ心がけていれば解決できる口臭なのだ。

 しかし、世の中には歯磨きで解消できない厄介な口臭もある。40歳を過ぎた頃から、自分の口臭に異変を感じたというSさんは、その時の様子をこう話す。

「あるとき、自分の口臭が“生ごみのようなニオイ”をしていることに気付きました。歯磨きやガムをかんでも一向に解消されないどころか、ゲップをするとそのニオイが口まであがり口臭になる。それで原因が胃の中にあるのではと疑いはじめたんです」

 働き盛りの40代が一番気をつけないといけないのが、このタイプの口臭だ。Sさんが違和感を感じた、ゲップとともにこみ上げてくる生ごみのような嫌なニオイは、実は胃壁が荒れて、胃の中が消化不良を起こしていたことが原因の一つと考えられる。そして胃の健康を損なうものとして注意したいのが「ピロリ菌」だ。

 ピロリ菌は人の胃の中に住む細菌で、胃炎、胃潰瘍、胃がんの原因とされている。しかもピロリ菌の保菌者は、30代では3人に1人にものぼるという説もあり、Sさん同様、胃の不調による口臭はもはや他人ごとではないことがよくわかるだろう。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。