海上自衛隊護衛艦“まきなみ”で起きた男女の危ない関係(1)懲戒処分の理由とは…

       

 旧帝国海軍の伝統を受け継ぐ海上自衛隊で、前代未聞の事件が起きた。あろうことか、航海中の護衛艦内で、任務を離れた隊員同士が行為に及んでいたのだ!

 昨年12月14日午後8時頃、海上自衛隊の護衛艦「まきなみ」は航海に出ていた。情報秘匿のため携帯電話の使用も禁止されるほど行動が制限され、緊張している状況だ。

 その時、20代の男性海士長A氏は、任務として機器の管理や監視、整備などをする場所を哨戒(見回り)していた。ところが、そのA氏に忍び寄る影が──。

「相談があるの」

 声の主は非番中だった後輩の女性隊員・Bさん。そもそもBさんには別の交際相手がいた。その交際についての話を聞いてほしいために自分の部屋を抜け出して、任務中のA氏のもとを訪れたのだった。二、三の会話のあと、2人は肩を寄せ合って、隣の区画へと向かった──。

 海自関係者が明かす。

「広い艦内には死角となる区画が多くあります。Aがいた隣の区画がその時間には誰も来ないことをAは知っていたようです」

 移動した先で、お互いの体をまさぐり合う2人。キスから始まり、服から手を入れ乳首に触れながら胸を揉み、やがて女性の秘部へと指をはわせ‥‥。制服でのSEXプレイに若い男女の興奮は盛り上がるばかりだったという。やがてA氏はBさんの下半身の服を脱がせ、そそり立ったものをBさんへと‥‥。

 ところが、Aさんが持ち場にいないことを心配して艦内を探していた上官が偶然、真っ最中の2人がいる部屋のドアを開けてしまう。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「海上自衛隊護衛艦“まきなみ”で起きた男女の危ない関係(1)懲戒処分の理由とは…」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    逮捕者続出の横須賀基地海自604えのしま掃海艇も酷い、横須賀地方隊第41掃海隊で付近の住民に対するFCSレーザー攻撃等もあり、ゴムボートで上陸すれば売春等で宿泊施設で騒いでいるという

    6
  • 匿名さん 通報

    掃海艇はLINEで売春する児童を募ってはゴムボートで上陸して宿泊施設で事に及んでいるそうだ、近隣住民への口止めや嫌がらせにFCSレーザー攻撃等の武力行使まで図っており被害が多い

    5
  • 匿名さん 通報

    金銭目的でCCW違反した疑惑の練習艦「かしま」と甲板セッ○ス護衛艦「まきなみ」計586人が乗艦しインドネシアやアラブ首長国連邦、スペイン、英国、米国など10カ国へ約5ヶ月間訪問するそうだ

    4
この記事にコメントする

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。