「忽然と消えたアイドルグループ」華やかな80年代篇(1)「少女隊」は社長に!

 松田聖子の登場で幕を開けた80年代のアイドルシーンは、より華やかで、百花繚乱のお祭り騒ぎ。巨額の宣伝費や無表情なことさえも、グループの個性に数えられた。

 84年にデビューした「キララとウララ」は、テクノ歌謡と派手な衣装が特徴的なデュオだった。

「活動は3年で終わりましたが、キララこと大谷香奈子は小室哲哉の最初の妻となり、離婚後はペットビジネスに参入して大成功を収めています。一方のウララこと天野なぎさは、先日放送されたバラエティで、布川敏和が30年前に想いを寄せていた人物として登場。現在はモデル事務所を経営していると語っていました」(芸能デスク)

 同じ年にデビューした「少女隊」は、総額30億円の費用をかけて売り出されたが、それを回収する成果は得られなかった。

「メンバーの藍田美豊、安原麗子は後に過激な露出に挑んだが、引田智子は化粧品販売会社の社長になっています」(芸能ライター)

 セイント・フォーも少女隊と同じく巨額の宣伝費がかけられたが、やはりB級に終わった。

「週刊誌のグラビアで熟ボディをさらす濱田のり子が、一人気を吐いています。2013年には板谷祐三子をのぞく濱田、鈴木幸恵、岩間沙織の3人で26年ぶりにライブを慣行。今後は定期的に開催されるようです」(芸能ライター)

 そして、時代は「女子大生ぶーむ」、そしてあっという間に「女子高生」までもブランド化し、あの伝説のアイドルにつながっていった。

当時の記事を読む

松田聖子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松田聖子」に関する記事

「松田聖子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松田聖子」の記事

次に読みたい「松田聖子」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松田聖子 CM
  2. 松田聖子 郷ひろみ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。