ダルビッシュ有 今季絶望でも「夜は10連投」(3)1人では満足できない

ダルビッシュ有 今季絶望でも「夜は10連投」(3)1人では満足できない
拡大する(全1枚)

 ここまで読めば、1人のオンナでは満足できない男にとって、“同時並行”が当たり前なのは明白だろう。ただし、それを美女たちに悟られないテクもメジャー級だというのだ。

「自宅に連れ込む相手によって、部屋のインテリアを替えるそうです。アタッシェケースの中に色違いの置物や照明などが隠してあるといいます。他のオンナの痕跡を消そうというわけですよ」(球界関係者)

 だからこそ自分だけが本命だと思い込んでしまう美女が出てしまうのだろう。

 昨年10月、カトパンことフジテレビの加藤綾子アナ(29)が「めざましテレビ」の生放送中に倒れるアクシデントがあった。ダルが聖子との関係を公表する前であり、カトパンの耳にもショックな知らせが届いていたのかもしれない。

「加藤アナは本気でしたね。彼女は上層部のつきあいで、合コンのような場所に連れて行かれることがたびたびあったのですが、興味がないと、うつむいて会話が弾まないのです。ところがダルとは意気投合して、程なくツーショットで食事に出かけるようになった。親しい先輩のアヤパンにも紹介するほど真剣で、人づきあいの苦手なダルについて『だけど母性本能をくすぐるの』と評するなどメロメロでした。でもダルにとっては数いる女性のうちの一人だったのでしょうかね」(フジテレビ関係者)

 こうもモテれば体がもたないのでないか、などと凡人なら考えるが、ダルともなれば、複数の知人にこう漏らしていたほどだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク