「追悼・羽柴誠三秀吉氏」息子が明かした“豪快選挙人生”

「追悼・羽柴誠三秀吉氏」息子が明かした“豪快選挙人生”
       

「羽柴誠三秀吉」なる名で東京都知事選や大阪府知事選など全国の選挙に出馬し続けた、三上誠三さんが肝硬変で逝去した。享年65歳、名物泡沫候補の生き様とは──。

 中卒で裸一貫、運送業で財をなし、建設業や観光業に事業を広げ、往時の資産は200億円とも言われた実業家だった。若い頃、近所の住職に「羽柴秀吉の生まれ変わり」と言われたことから羽柴秀吉を自称するようになったという。自宅を城にし、国会議事堂を模したホテルまで建てた。そんな誠三さんのライフワークは選挙出馬。そのつど、1枚5000円する金箔を食べたりするなど、金満パフォーマンスでも話題を振りまいたものだ。

 76年、地元・青森県金木町(現五所川原市)町長選をはじめとして11年の夕張市長選まで、立候補した選挙は計17回にも及ぶ。

 誠三さんが社長だった東北興産建設株式会社で取締役を務めている次男で元タレントの三上大和さんが話す。

「選挙に出るのは家族に一切相談なしでした。周りが慌ただしくなって、選挙カーとかが用意されて初めて『出馬するんだ』とわかった。通算の出馬回数とか数えたこともないです。逆に記者の方に『17回』と教えられたぐらいですからね(笑)」

 約4年前から入退院を繰り返していた。それでも誠三さんは政界への意欲を持ち続けていたという。

「父にとって選挙は旅に出る感覚だったと思います。正直、政策は付け焼き刃でしたが、最期まで議員になりたがっていた。『もう1回出たい』と。とにかく権力が欲しかったんでしょうね(笑)」(大和さん)


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。