大沢ケイミはセレブではない!?「セレブ」と「成金」の違いとは?

大沢ケイミはセレブではない!?「セレブ」と「成金」の違いとは?

 お金持ちキャラで話題の大沢ケイミが、6月2日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で失礼な発言を連発した。

 大沢は、京都に住むセレブ妻の自宅を訪問するも「ウチはもっと玄関広い」と言い放ったり、高級ダイニングセットを見ては「ウチはセットで350万円」と、やたらと上から目線を連発。スタジオで見ていた共演者たちも失礼だとあきれ顔だった。

 そんな大沢の態度に理解を示すのは、高級ブランドの取材で海外を飛び回る女性ライターだ。

「大沢さんが上から目線なのは、彼女自身が“セレブ”ではなく、“成金”だからでしょう。裕福な家庭に生まれた人は、いちいち周りの人と自分を比べたりしないんです。私は仕事で高級ブランドのユーザーに会うことも多いのですが、みなさんブランドへの愛着があるので、他の人の持ち物に対してもリスペクトがあります。決してけなすようなことはありませんね」

 芸能界には大沢のような成金キャラがいる一方で、根っからのセレブも少なくない。たとえば元フジテレビ中村江里子は、実家が創業130年という銀座の老舗楽器店。女子アナ当時は、番組で着る衣装よりも私服のほうが高級だと評判だったという。

 今年、芸能界を引退したグラドルの安藤成子も、知る人ぞ知るセレブタレントだった。グラビア誌の編集者が思い出を語ってくれた。

「安藤は祖父が上場会社の会長、叔父が社長という家柄で、本人は家賃70万円のマンションに住んでいました。成人式では車か着物を買ってあげると言われ、700万円の着物を選んだそうです。そんな金額だと我々には実感が沸きませんが、グラビア撮影のとき『これから海外旅行に行くんです』と言っていて、撮影が終わると成田空港までハイヤーに乗っていったときは、さすがに驚きましたね」

 セレブ育ちの場合、ハングリー精神が少ないため芸能界に向いていないことも多い。安藤が大成しなかったのも、ガツガツ感が足りなかったからではと同編集者は語っていた。芸能界で生き抜いていくためにはむしろ、大沢ケイミのように成金根性丸出しくらいのほうがいいのかも。

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年6月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。