サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ヌーヴォレコルトが牝馬勢一蹴!」

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ヌーヴォレコルトが牝馬勢一蹴!」

 今週は春GIシリーズのラストを飾る「宝塚記念」が阪神で行われる。注目は「平地同一GI3連覇」のかかるゴールドシップだが、万券王・水戸は速い時計決着での不安もあるとして、牝馬ヌーヴォレコルトに◎を打った。

 中央競馬前半戦の掉尾を飾る宝塚記念。関西版グランプリだが、今年もなかなかの顔ぶれがそろった。

 史上初の3連覇を狙うゴールドシップを筆頭にGI勝ち馬が6頭。それに準ずる馬もむろん多く、前半戦を締めくくるにふさわしい豪華版だ。

 当然のことゴールドシップの3連覇なるかが焦点だが、ヌーヴォレコルト、ラキシスら“女傑”と呼んでいい5頭の牝馬が名を連ねているのも話題となっている。裏返せば牡馬一線級が頼りにならないと言えるだろうか。

 昨年のダービー馬ワンアンドオンリーは、同じ馬主のキズナが体調を崩して自重したことから、言葉は悪いがいわば代役での出走、と見られている。本来なら渡英するプランだったからだ。今年はドバイ遠征に続く2戦目で3カ月ぶりの実戦。阪神コースがめっぽう得意なだけに断じて軽く見るわけにはいかないが、とにもかくにも体調が気になるところ。追い切りの動きを注視したい。

 同じ4歳牡馬のトーホウジャッカルも蹄の不安が長引き、菊花賞を勝って以来8カ月ぶり。どう見ても割り引きが必要だろう。

 牡馬では、あと昨年2着のカレンミロティック、前走の鳴尾記念快勝のラブリーデイで、この両馬は十分争覇圏内と言っていい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秋華賞」のニュース

次に読みたい関連記事「秋華賞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら