SMAP・中居正広の「神司会」ぶりにSexy Zoneファンが歓喜の涙
拡大する(全1枚)

 先月27日にTBSテレビ60周年特別企画として放送された大型音楽プロジェクト番組「音楽の日」。東日本大震災をきっかけにはじまった同番組も5回目を迎え、今年は7時間超におよぶ生放送で総勢25組のアーティストたちが競演し、視聴者を魅了した。

 そんななか、番組のMCであるSMAP中居正広の司会ぶりが、事務所の後輩グループ「Sexy Zone」のファンから“涙を誘う対応”だったと評判になっている。

 同番組で久しぶりに5人揃ったSexy Zone。しかし、以前より問題視されていたグループ内格差は相変わらずで、前列三人の中島健人佐藤勝利菊池風磨がキラキラ衣装で歌うなか、後列のマリウス葉松島聡の2人はバックダンサーである「ジャニーズJr.」と同じ衣装。しかもソロパートもなく、まるでバックダンサーにピンマイクがついているだけといったような扱いだったのだ。

 この様子をステージ脇から見ていた中居は、曲が終わるなりマリウスに「疲れてない?」と声をかけ、次いで松島に「なんで二人は衣装違うの?」と立て続けに声をかけたのだ。そして「5人でSexy Zoneでいいんだよね?」と念を押すと、5人を引き寄せ肩を組ませたのである。

「中居は生放送のなか、司会の自分にカメラが寄るのをわかっていて、あえてこんな行動をとったのでしょう。ネット上では、嬉しそうに肩を組む5人を見たSexy Zoneファンから中居を称賛するコメントが殺到していました」(芸能ライター)