夏競馬後半突入!「万券ガッポリ」大作戦!“小倉は幸騎手が絡むと強い”

夏競馬後半突入!「万券ガッポリ」大作戦!“小倉は幸騎手が絡むと強い”

 武豊や福永などのトップジョッキーが集結する小倉からは、年間最多騎乗数記録(1081回)保持者の幸騎手が1位となった。伊吹氏が解説する。

「好走率の高いトップジョッキーが総じて低回収率ですし、回収率の高い穴ジョッキーは好走率が低調。夏の小倉は各騎手の得意条件をピンポイントで狙うべきでしょう。幸騎手はダート戦で4歳以上の馬に騎乗した時、2位の太宰騎手もダート戦の先行馬(前走4コーナー5番手以内)に騎乗したら狙い目で、この条件を満たした時の複勝率は2人とも38%です」

 さらに穴党にオススメなのが岩崎翼騎手だ。ポイントは「前走9着以内」。芝1200メートルに限れば勝率15%、複勝率40%(複勝回収率196%)。ダート戦は勝率こそ6%だが、複勝率は31%にアップする。一見、チャンスがなさそうな馬を持ってくる“小倉の穴男”として覚えておこう。

 種牡馬ランキングでは、マンハッタンカフェ産駒が1位。僅差の2位にスペシャルウィーク産駒が続く。

「マンハッタンカフェ産駒では、牡馬(せん馬を含む)のほうがよく穴をあけています。昨年の北九州記念で3着したのも17番人気の牡馬カイシュウコロンボでしたからね。あと、スペシャルウィーク産駒は“距離短縮組”の成績は不振なので注意してください」(前出・伊吹氏)

 8月9日の「小倉記念」は、マンハッタンカフェ産駒のゲシュタルトが出走を予定している。8歳となり、近走の成績も振るわないだけに人気薄なのは間違いないが、はたして‥‥。

 ダートのトップは、シンボリクリスエス産駒だ。

「前走が5着以内であれば複勝率45%と好成績ですが、もっと高い数字を叩き出すのが1000メートル戦でのゴールドアリュール産駒。こちらは複勝率57%です」(前出・伊吹氏)

 今回のデータを参考に、波乱必至の夏競馬後半戦で大万馬券をゲットしよう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 武豊 G1
  2. 武豊 フランス
  3. 武豊 凱旋門賞
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年8月8日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「武豊 + フランス」のおすすめ記事

「武豊 + フランス」のおすすめ記事をもっと見る

「武豊 + 凱旋門賞」のおすすめ記事

「武豊 + 凱旋門賞」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福永祐一」のニュース

次に読みたい関連記事「福永祐一」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。