支持率急落でも超強気“安倍晋三”が裸の王様状態?「ネットの反旗に頭を抱える」

支持率急落でも超強気“安倍晋三”が裸の王様状態?「ネットの反旗に頭を抱える」
拡大する(全1枚)

 安倍総理には、支持率の低下より頭を抱える悩みがあった。それは味方だったはずの「ネット住民」だ。「中国や韓国に物申すことができる政治家」としてネット上で人気を集め、みずからフェイスブックを活用。ネット住民と距離を縮めてきた総理だが、変化が起こる。「明治日本の産業革命遺産」についての日韓外相会談での合意を韓国側が無視。7月初旬、登録の土壇場で、

「日本が韓国人を強制徴用した施設がある」

 と賛成を拒否する。しかし、狼狽した日本側は、

「意思に反して連れてこられ、働かされた者がいた」

 と「強制徴用」を認めてしまう。これにネット住民が大激怒して、韓国にシッポを振ったとして、容赦ないバッシングの雨がやまなくなる。官邸筋のある議員が総理の狼狽をこう明かす。

「ネットでの集中砲火に、たいへんショックを受けていた」

 余波の続く7月20日には報道番組「みんなのニュース」(フジテレビ系)に出演するものの、視聴率は5.3~6.7%(関東)と、さんざんな結果となった。

 9月の総裁選を前に「安倍天下」にかげりが出ると、存在感を増したのは、総理最大のライバル石破茂地方創生相(58)だ。自民党の若手が勉強会で、「マスコミを懲らしめる」などと報道圧力発言が相次いだ際には、「何か自民党、感じが悪いよね」と国民の意識が高まることに危機感を覚える、と苦言を呈したが、その言葉はネットを中心に流行。政権の支持率低下を後押しした。さらに安保法案が衆院で採決される前日にも石破氏は、


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク