フジテレビ・阿部知代 「女子アナ引退」でも衰え知らずのフェロモンの理由
拡大する(全1枚)

「美熟女アナ引退」とフジテレビ阿部知代アナ(52)の勇退を伝えたのは、7月31日付の「東京スポーツ」。だが、かつて色香振りまくハプニングを連発した華の独身アナは、現役バリバリのフェロモンをまき散らしていた。

 記事によれば、現在ニューヨーク支局に赴任中の阿部アナは、6月末の人事異動で長年親しんだアナウンス室から「報道局マルチデバイスニュースセンター」に配置転換。今後、番組には出演しない見込みだという。フジ関係者が語る。

「原則3年間と言われるアナ職の海外勤務は出世コース。帰国後はしかるべきポストが用意されると思ったのに、別部署に“放出”されるとは信じられません」

 そんな阿部アナの帰国予定は9月中旬。それまでは、美術館巡りや観劇など、最後のニューヨーク生活を満喫するようだ。

「現地では、他局の駐在アナとも親交を深めて、女ボス的な存在。かつては同じくニューヨーク勤務だったテレ東大江麻理子アナ(36)をマンハッタンの自宅アパートに招いて、何かと相談に乗っていたようです。そんなアネゴ肌の阿部さんも『帰りたくない‥‥』と、周囲にコボしています」(前出・フジ関係者)

 阿部アナが国内復帰を憂慮する背景にはフジの手厚い待遇があった。

「家賃は基本的に全額会社負担。海外勤務手当もあり、大好きなブランドの服を買いあさることができた。オシャレに磨きをかけてはイケメンの金髪男性と親密交際していたという情報もあり、日本にいた時より若返ったのは間違いありません」(前出・フジ関係者)