麻生久美子 極貧過去からの成り上がり秘話「貧乏だった子供時代の壮絶実態」

麻生久美子 極貧過去からの成り上がり秘話「貧乏だった子供時代の壮絶実態」

 映画を活動の中心としていた麻生久美子が、TBS日曜ドラマのヒロインとなった。幼少期にザリガニや雑草で飢えをしのぎ、貧困脱出のため「夜の仕事」を覚悟した。そんな麻生が下積み生活を経て成り上がったオトコ殺し秘話とは…。

「近所にはザリガニがウジャウジャいたので、よく釣って帰って、鍋でゆで、醤油をつけて食べていた」

「甘エビみたいな感じ。おやつですけど食事にもなっていたかな」

 いかにも若手芸人が話しそうな貧乏体験だが、このエピソードの持ち主は女優の麻生久美子(37)だ。

 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞するなど、華麗なキャリアを持つ日本のトップ女優である。

 その麻生がNHKのトーク番組「スタジオパークからこんにちは」で子供時代の貧乏生活を話題にしたのは今年6月のこと。じょう品で清楚なイメージからは想像もつかない“ザリガニ過去”は、一部で話題を呼ぶこととなった。

 麻生はこの番組で、これにとどまらないエピソードも披露した。

「街灯もないような自然に囲まれた田舎で育った“超自然児”だった」

「道路が温かくて気持ちよかったので道路に寝転がって車を止める遊びをしていた」

「あまりのやんちゃさに起こった母親に、家の前にあった森の木に縛りつけられたり、ヤケドするまで手の甲にお灸を据えられたりしていた」

 番組では「おてんばな子供時代」という方向性でオブラートに包んではいたが、こんな生活が「貧困」の結果だったことは言うまでもない。そもそも「ザリガニ」を食べることはかなり危険な行為で、野生のザリガニには寄生虫がいるため、下手をすれば命に関わることになっていたのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

麻生久美子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年9月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「寺島しのぶ」のニュース

次に読みたい関連記事「寺島しのぶ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「蒼井優」のニュース

次に読みたい関連記事「蒼井優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「栗山千明」のニュース

次に読みたい関連記事「栗山千明」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。