中日・谷繁監督がオーナーに迫った“捨身直訴”事件「補強でも落合GMの意向が優先される?」

中日・谷繁監督がオーナーに迫った“捨身直訴”事件「補強でも落合GMの意向が優先される?」

 放出で足を引っ張るのならば、せめて補強でサポートしてくれれば、谷繁監督の心持ちも少しは違っただろうが‥‥。

「昨季のドラフトで谷繁監督は、現DeNAの守護神・山崎康晃(22)や現巨人で先発ローテを守る高木勇人(26)を希望していた。しかし、落合監督は、野村亮介(22)や浜田智博(22)を“一本釣り”。ともに登板機会は3試合、1試合と芽が出ず、即戦力を念頭に獲得した落合GMの眼力は大外れだった。また東海大相模の佐藤雄偉知(19)=現Honda鈴鹿=に関しては育成枠という評価で指名して入団を拒否された。同校との関係を悪化させて今季のドラフトにも影を落としたうえ、FA戦線も全敗でした」(スポーツライター)

 2年連続でBクラスに低迷しているチームが戦力補強もうまくいかなければ、おのずと結果は見えてくる。

 しかし、落合監督の見解は違ったようだ。

「7月後半にはやばやと自力Vの消滅が点灯した頃だったと思います。落合GMは『あの戦力だったら、オレがやってれば優勝できるぞ』と口走っていたそうです」(球界関係者)

 谷繁監督には聞き捨てならない言葉に違いない。にもかかわらず、今季のドラフトにも不安を残しているのだ。

「今季は球団をあげて地元のスター候補、県岐阜商高の高橋純平(18)獲得を目指してきた。一方で、落合GMは独自の視察を続けていますが、高校生を捨て、即戦力狙いで大学、社会人ばかりに目を向けているんです。もちろん早期浮上を狙うチーム事情もありますが、なぜか落合GMは北海道視察ばかりが多く、過去にドラフトで著しい成果をあげていないこともあり、『うまい飯を食いに行くためだけに行ってるんじゃないか』と揶揄する声がフロント内からも聞こえます。いずれにせよ、複数球団が競合する選手を指名せず、独自の一本釣りを狙う傾向が強いため、谷繁監督の意向を無視したドラフトとなるでしょう」(野球中継関係者)


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。