サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「アンビシャスが古馬一蹴!」

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「アンビシャスが古馬一蹴!」

 今週から東西ともに舞台を移し、東京で「毎日王冠」が行われる。GI馬5頭のほか、力量馬がそろう中、万券王・水戸は唯一の3歳馬アンビシャスを穴馬に指名した。一方、「京都大賞典」は、少頭数ながら人気は割れそう。

 秋の東京開催。その第1週のメインは天皇賞の前哨戦である毎日王冠だ。数々の名勝負、熱戦が繰り広げられてきた伝統の一戦で、今年もファン必見である。とにかく顔ぶれがいい。

 デニムアンドルビー(宝塚記念2着)とヤマカツエースが体調が整わず自重したものの、イスラボニータ、スピルバーグ、モーリス、ダノンシャーク、リアルインパクトの5頭のGI馬を筆頭として、ヴァンセンヌ、エイシンヒカリ、ディサイファ、グランデッツァ、ステファノスなどの面々による争い。まさに豪華版と言ってよい。

 良馬場ならレコード決着の可能性大で、目が離せず期待は膨らむばかりだ。

 馬券的にもおもしろそうである。02年に馬単が導入されてからこれまでの13年間、馬単での万馬券は6回(馬連では3回)。1番人気は3勝、2着2回。2番人気は2勝、2着2回。実力、人気どおりでは決まりにくいレースであるようだ(過去2年、1、2番人気馬は連対していない)。

 ここが秋初戦で休み明けという実績馬が多くいることもあるだろう。今回も有力どころの多くは3カ月以上実戦を遠のいている。能力を出せる状態に達しているかどうかの見極めが大切になるのは言うまでもなかろう。ただ本番(天皇賞)は次。完璧な作りでないことは確かだ(といって勝ち負けしてしまう馬がいるので難しい)。また、ここ何年かは3歳馬の好走が目立っており(10年、12年は3歳馬のワンツーでともに馬単は万馬券)、充実しきる5歳馬が最も連対を果たしていることも特徴だ。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年10月8日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュース

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。