感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「寺内貫太郎一家・小林亜星」

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「寺内貫太郎一家・小林亜星」
拡大する(全1枚)

 ホームドラマがテレビの王様だった70年代。その牙城に、圧倒的な個性で切り込んだのが「寺内貫太郎一家」(74年、TBS系)だ。巨漢の主人公を演じた小林亜星(83)が“の季節”を回想する。

 名脚本家の向田邦子さんは、貫太郎に自分の父親を重ね合わせていたんです。だから主役の条件はただ一つ「太っていること」でした。

 最初に白羽の矢が立ったのはフランキー堺さんで、次はドリフターズの高木ブーさん。ところが、どっちも忙しくてオファーを断ったんですよ。

 困った久世光彦プロデューサーがいろんな人に声をかけて、最後に候補になったのが僕。あの頃、110キロはあったから体形は問題ない。ただ、当時は長髪にパンタロンのナンパな姿をしていた。

「スケベそうでイヤ!」

 向田さんはそう言って拒否したけど、他に候補もいない。久世さんにTBS内の理髪店へ引っ張られて、そこで坊主頭ですよ。ようやく向田さんも納得してくれました。

 芝居経験もなかったし、断髪式までさせられたけど、作曲家としてTBSは大のお得意さん。断るわけにはいかなかった(笑)。

──

 頑固で短気な石材店の主人に亜星が扮し、老女のきん役を悠木千帆(現在の樹木希林)、貫太郎の息子・周平に西城秀樹、お手伝いに浅田美代子など豪華キャストがそろい、平均視聴率31.3%を獲得した。

──

 名セリフ? そりゃあ、やっぱり、きんさんが身をよじらせての「ジュリ~~~!」かな(笑)。貫太郎は口数が少ない役どころだったから、自分で記憶するセリフはないんですよ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

小林亜星のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小林亜星」に関する記事

「小林亜星」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小林亜星」の記事

次に読みたい「小林亜星」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク