中学教師が溺れた女子高生との乱れた課外授業「そのイケナイ内容とは?」

中学教師が溺れた女子高生との乱れた課外授業「そのイケナイ内容とは?」
拡大する(全1枚)

 都内の中学校で「保健体育」を教えていた教師があるパーティを開催。あろうことか、インターネットの掲示板で知り合った女子高生を参加させた疑いで逮捕された。教師が放課後に学校外で教えていたイケナイ「課外授業」。女子高生と溺れたパーティの実態とは──。

 神奈川県警は10月21日までに、児童福祉法違反などの疑いで、東京都立中学校教諭の坪内駿一容疑者(27)=板橋区=と、無職の冨山肇容疑者(54)=横浜市南区=を逮捕した。

 2人は、複数の男女が同時に参加する「乱交売春クラブ」を主催。驚くべきことは、現職中学教師が関与していたばかりか、現役の女子高生が参加していたことだ。捜査関係者が逮捕容疑について説明する。

「両名は2013年9月26日に東京都文京区の高級ホテルのスイートルームで、乱交パーティを開きました。午後7時20分頃から午後10時までの間に、現段階でわかっている参加者は男性30人、女性6人。その中に、当時16歳で通信制高校1年生だった女子生徒を“サクラ”として参加させていたのです。常連客だった山梨大医学部6年の男子学生(31)に1万3000円で売春相手として引き合わせ、淫らな行為をさせていました」

 また、翌月の10月29日には、再び乱交パーティを開催。今度は、別の当時16歳の女子高生を同じ山梨大の男子学生に1万円で紹介して、性行為をさせていた。

 容疑者2人はそれぞれ役割が決まっていた。まずは冨山容疑者がインターネットのアダルトサイト掲示板に、乱交パーティの開催予定を告知。掲示板に載せたメールアドレスに参加希望者から問い合わせがあったら、参加費や日程などの詳細を伝えていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク