南野陽子、嫌な仕事を阿部寛に押しつけた生意気すぎる新人時代

南野陽子、嫌な仕事を阿部寛に押しつけた生意気すぎる新人時代
拡大する(全1枚)

 女優の南野陽子が26日、放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)に出演し、高校生だったデビュー当時を振り返った。

 はじめは昼夜を問わず「おはようございます」と挨拶する芸能界ルールに馴染めず「こんにちは」「こんばんは」と返したり、スタッフに対して「あなたは私のことを知ってるかもしれないけど、私はあなたのこと知らないから、お名刺いただけます?」などと言い“生意気な新人”と思われていたそうだ。

 すると司会の小堺一機から「それって尖がっていた?」と突っ込まれるとあっさりと認め、「今思うと面倒くさい子だったな」と反省まじりに語った。

 芸能記者は「南野のデビュー当時はそんな可愛らしいもんじゃなかった」と言ってこう続ける。

「1984年にドラマデビューした南野は、翌年『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主演し、一躍人気女優の仲間入りとなった。87年に公開された『スケバン刑事』でも、初映画にして主演。同年の暮れには映画『はいからさんが通る』でも主演を務めました」

 この記者が南野の“尖がっていた過去”を目撃したのは「はいから──」の取材だった。

「映画の舞台は大正時代で、主人公は女学生。そこで大手着物メーカーが全面バックアップし、当時の最先端ファッションを再現したことも話題の1つでした。ところが、南野の囲み取材を待っていたら控室から『いつまでこんな格好させるのよ。もう脱ぎたい!』って彼女の怒号が聞こえるんです。着物メーカーさんのいる前で『もう脱ぎたい!』はないだろうって、みんな呆れてましたよ」

 そこで急遽登場したのが、阿部寛だったという。

「阿部はこの作品が役者デビューでしたが、南野が駄々をこねて出てこないため、急遽代わりに阿部が取材に応じることになったんです。囲み取材も初めてだったのか、それはもうシドロモドロだったのを覚えています」

 いまや大物俳優の阿部をピンチヒッターに立たせるとは、南野の黒歴史も大物級といえるかもしれない。

(李井杏子)

当時の記事を読む

南野陽子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「南野陽子」に関する記事

「南野陽子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「南野陽子」の記事

次に読みたい「南野陽子」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク