橋本環奈やももち、廣田あいかの歌が上手い秘密がわかった!

橋本環奈やももち、廣田あいかの歌が上手い秘密がわかった!

 1000年に一人の美少女こと橋本環奈が、初主演映画「セーラー服と機関銃-卒業-」の主題歌でソロデビューを果たす。その歌では、唯一の弱点と言われてきたハスキーボイスが気にならないと評判だ。彼女自身も「もっと可愛い声がよかったな」と認めている弱点だが、そんな橋本の歌声について音楽ライターが太鼓判を押す。

「ハスキーボイスでは普通より倍音成分が多くなり、歌に関して言えば倍音の豊かさが響きの厚みとしてプラスになることもあります。橋本は大きな声でハッキリ話すことも得意なようなので、歌に向いた声質と言えそうです」

 実際、橋本の歌ではハスキーっぽさは影を潜め、通りの良さが伝わってくる。このように話し声と歌声で異なる印象を与えるアイドルはほかにもいると、アイドル誌のライターが教えてくれた。

「まずは元Berryz工房の“ももち”こと嗣永桃子です。バラエティではそのしゃべり方がイラつくと言われていますが、ステージでは正統派のボーカルを聴かせてくれますよ。もう一人は、私立恵比寿中学の“ぁぃぁぃ”こと廣田あいか。普段は宇宙人みたいな声なのに、歌では太いボーカルが際立ちますね」

 たしかにこの2人は歌での評価も高いが、なぜ歌声ではしっかりと発声できるのか。前出の音楽ライターが解説してくれた。

「まず嗣永は地声が高いハスキーボイスなので、歌になると橋本と同様に豊かな声を響かせられるのです。一方で廣田はあくまで予想ですが、舌の可動域が狭い症状なのかもしれません。舌の筋肉を切り開く手術で対応できますが、すごく痛いうえに長期の静養期間が必要です。もっとも現状でも歌の発声にはあまり影響しないので、地声は歌向きということなんでしょうね」

 ちなみにその手術を受けた経験のある40代男性は、聞き取りづらいと言われていた声がすっかり変わったと語る。とはいえ、廣田の場合はその宇宙人ボイスも魅力の一つ。それは橋本や嗣永のハスキーボイスでも同様で、今後もそのギャップを活かし続けてはいかがだろうか。

(金田麻有)

当時の記事を読む

橋本環奈のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「橋本環奈」に関する記事

「橋本環奈」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「橋本環奈」の記事

次に読みたい「橋本環奈」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 橋本環奈 Instagram
  2. 橋本環奈 ぐるぐるナインティナイン
  3. 橋本環奈 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。