鶴瓶への「タメ口」でプチ炎上も嵐・二宮和也は“人たらしの天才”!?

鶴瓶への「タメ口」でプチ炎上も嵐・二宮和也は“人たらしの天才”!?

 現在公開中の映画「母と暮らせば」のほか、年末ドラマ「赤めだか」、年始ドラマ「坊ちゃん」、さらには2016春映画「暗殺教室~卒業編~」にも出演することが発表されている二宮和也

 アイドル業やバラエティ番組での活動に加え、最近では、俳優としての仕事も精力的に続けている印象の二宮だが、そのジャンルを問わないマルチな仕事ぶりには、二宮独自の“人たらし術”が影響しているという。

「17日に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に二宮がゲスト出演した際に、笑福亭鶴瓶に対して二宮がタメ口を連発したことがネット上で『失礼だ!』とプチ炎上しました。だけど実は、この年上を呼び捨てにするような独特の感性が、二宮流の“距離の縮め方”なんです」(芸能ライター)

 かねてより二宮は「先輩芸能人の懐にするっと入り込むのも上手い」と言われており、嵐の番組のゲスト出演した八嶋智人にも「俺が何年もかけて少しずつ距離を縮めてきた高橋克実さんを“かつみ”と呼んですごく仲良くしている」と嫉妬されていた。

バカリズムを『リズムくん』と呼び『バカが苗字じゃないよ!』とツッコまれたり、厚切りジェイソンを『厚切りくん』と呼んだり、松本潤を『J』と呼ぶのも二宮だけです。大物でいうと脚本家の倉本聡を『そうちゃん』、吉永小百合を『さゆゆ』と呼んでいたことも有名ですね」(前出・芸能ライター)

 この人たらし術には吉永もやられており、「ニノと腕を組めて、さゆゆ幸せ」と言ってしまうほど可愛くて仕方がないらしい。おかげで滅多にバラエティに出ない吉永を「可愛い息子の番組だから」と「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)に出演させているのだ。

 傍目からは誤解を受けやすい二宮の“人たらし術”。これを才能と言わずして、なんと言おうか。

(琴葉)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年12月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「TOKIO」のニュース

次に読みたい関連記事「TOKIO」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュース

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら