特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(2)ビジョンどおりの進出ぶり

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(2)ビジョンどおりの進出ぶり

 現役選手だった頃の原監督は、箱根駅伝とは無縁の競技生活を送っていたが、駅伝の名門・世羅高(広島)出身で、中京大時代には日本インカレ5000メートル3位などの実績を残している。大学卒業後は、中国電力に陸上部の1期生として入社。しかし、1年目に右足首を痛めるとそのケガを引きずり、わずか5年で部をクビになっている。27歳の時だった。

 大きな挫折を味わい、陸上界を追われてからは、自分よりも年下の社員らとともに一から中国電力の営業マンとしてスタートを切った。陸上しか知らなかった男は肩身の狭い思いをし、

「あれほどストレスがたまったことはなかった」

 たった2年間で体重が30キロ以上増えて90キロ台になり、かつてのスラリとしたランナー体型は見る影もなくなっていった。

 一方で、しだいに営業のノウハウを身につけていくと持ち前の行動力を発揮し、業績は社内トップクラスに。00年には新会社の創立プロジェクトチームに抜擢されるなど、「伝説の営業マン」となっていく。

 その安定した仕事をなげうってまで舞い戻った陸上界でも、逆境からのスタートとなった。今でこそ、青学大は強豪校としての風格が漂うチームになったが、09年の箱根駅伝に復活するまでは、33年間も予選会の壁を越えられずにいた。04年にそんなチームの指導者に就任したが、当時のチーム状況はというと、寮にパチンコ台を持ち込む者がいたり、深夜に無断外出する者もいたりと、まず競技者としての生活がなっていなかったという。「早ければ3年で箱根出場」ともくろんでいたものの、監督就任1年目の箱根予選会は16位、翌年は13位も、3年目は再び16位に沈んだ。チームが空中分解の危機に直面したこともあった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2016年1月2日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。