“伝説のいい女”に会いたい!「松尾嘉代・渥美マリ・京マチ子・渚まゆみ…銀幕を酔わせた“妖艶女優”の今」

“伝説のいい女”に会いたい!「松尾嘉代・渥美マリ・京マチ子・渚まゆみ…銀幕を酔わせた“妖艶女優”の今」

 スクリーンで悩ましい姿を見せ、男たちの熱い視線を浴びた。永遠に続くかと思われた至福の時間は、しかし、突然のシャットダウン‥‥。気になる6人の女優を追っかけリサーチ!

 主演第1作の「いそぎんちゃく」(69年、大映)など、軟体動物シリーズで知られた渥美マリ(65)。魅惑の肉体で倒産前の大映を支えたが、女優としての活動は10年にも満たない。

「すごくいい子だったんだよ。ただ、男運が悪くて、マスコミにもいろんなことを書かれたものだから、家に引きこもってしまった」

 語るのは大映宣伝部に在籍した中島賢氏。つい最近、当時の女優たちのエピソードをつづった「スタアのいた季節」(講談社刊)を上梓したが、渥美に対しての思い入れはとりわけ強いという。

「当時のマリは都内の家に両親と暮らしていて、2人が亡くなったあともずっと住んでいた。あまりに消息がつかめないので死亡説も出たが、今でも元気でいることは確認できました」(前出・中島氏)

 そして中島氏は思いがけない大物の名を口にする。大映の「羅生門」(50年)や「雨月物語」(53年)で、世界的にも高い評価を得た京マチ子(91)だ。

「10年ほど前から表舞台から遠ざかっていますが、実はほんの数年前、アメリカで結婚したと元大映の俳優から聞きました」

 長らく独身を貫いてきたが、卒寿を前にした一大決心である。

 また、14年にはハワイでピーター(池畑慎之介)と落ち合ったこともブログで紹介されている。写真では白髪こそ増えているが、老いてなお、濃厚なフェロモンは健在である。


あわせて読みたい

松尾嘉代のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月3日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。