廃棄業者・加工業者“ゴミ食品”戦慄の流通網を暴く(2)「冷凍ビーフカツ事件」は氷山の一角に過ぎない

廃棄業者・加工業者“ゴミ食品”戦慄の流通網を暴く(2)「冷凍ビーフカツ事件」は氷山の一角に過ぎない
       

 食品ゴミの再食品化は、食品業界で「あって当たり前、ないのが不思議」と言われてきた。その一部が明るみに出たのが、今回の廃棄食品横流し事件である。

 カレーチェーン「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」(愛知県一宮市)が、冷凍ビーフカツ4万枚(5.6トン)を産廃処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)に廃棄委託。そのビーフカツが麺類製造業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)に横流しされ、愛知、岐阜、三重県内のスーパーで販売、また弁当工場でも使われていた。つまり、消費者はゴミを食わされていたわけだが、北関東の産廃処理業者に言わせると、「そんなことは日常茶飯事」だという。

「産廃(ゴミ)を口に入れていない日本人は1人もいないはず。すべてとは言わないけど、ラーメン店のスープに使われる鶏ガラも赤ちょうちんや居酒屋の焼き鳥も元をたどれば大半が産廃だ。卵を産まなくなった廃鶏を使っているからね。廃鶏は、生きた産廃だから」

 採卵鶏は、1羽が1年間に産む卵の数が330個を切ると、エサ代で採算がとれなくなるため廃鶏として処分されるという。かつて廃鶏は鶏肉専門業者へ直接売り渡されていた。

 ところが近年は、食用鶏のブロイラーに押され、養鶏業者は産廃処理業者に逆にカネを払って廃鶏の処分を依頼している。要するにゴミ扱いである。その後は焼却、あるいは肥料にしたりペットフードに加工したり、動物園の肉食獣のエサにするなど、廃鶏の用途はさまざまだが、「そうするのはわずかで、実際は多くが食用に回されている」という。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。