大勝軒“分裂抗争300日抗争”でクーデター派が勝利宣言!(1)「のれん会」vs「守る会」の対立一部始終

大勝軒“分裂抗争300日抗争”でクーデター派が勝利宣言!(1)「のれん会」vs「守る会」の対立一部始終
拡大する(全1枚)

 伝説の行列ラーメン店「東池袋大勝軒」の創業者・山岸一雄氏(享年80)の志を継ぐ「大勝軒のれん会」の内紛が表面化して半年がたった。記者は“分裂抗争”の最新動向を独占キャッチ。アツアツの特盛りスクープをお届けする。

「昨年末に大きな動きがありました。初代の山岸さんから『東池袋』の看板を継いだ二代目の飯野(敏彦)さんが、大元の老舗組織を脱会してしまったんです。それは大勝軒の源流とも言うべき団体で、今後は東池袋が“本流”を名乗れなくなる可能性も出てきました」(大勝軒関係者)

 東池袋の二代目と絶縁状態になった老舗団体については後述するが、まずは騒動の経緯を振り返りたい。

 飯野氏を中心に、山岸氏の弟子たちで構成された「のれん会」で“クーデター”が起きたのは昨年8月。山岸氏が亡くなって4カ月後のことだった。同会の元構成員が語る。

「加盟店はマスコミの取材を自由に受けられないなど、事務局の運営方針に納得がいかないメンバーが少なくなかった。その不満が爆発したのがマスター(山岸氏)の葬儀でのこと。日程や会場を知らされないばかりか、葬儀委員を務めた飯野さんに火葬場から締め出された弟子が大勢いた。『何のための親睦組織なのか』と怒りをあらわにする者もいて、まさに一触即発の雰囲気でした」

 この「火葬場事件」を引き金に亀裂は決定的となり、16名の弟子たちが新たに立ち上げたのが「味と心を守る会」。それまで「のれん会」に加盟していなかったメンバーも加わり、31名でスタートを切った。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク