大勝軒“分裂抗争300日抗争”でクーデター派が勝利宣言!(2)山岸氏もネクタイ着用で参加した「丸長会」という組織

大勝軒“分裂抗争300日抗争”でクーデター派が勝利宣言!(2)山岸氏もネクタイ着用で参加した「丸長会」という組織
拡大する(全1枚)

 さて、丸長会とはどんな組織なのか。会の発足は昭和34年と古く、

「現存するラーメン店の互助組織、いわゆるのれん会では日本最古の組織です」(坂口会長)

 そのルーツは昭和22年12月に遡る。初代会長の青木勝治氏が、坂口会長の父である正安氏らとともに、東京・荻窪に開店した「中華そば丸長」が会名の由来である。

「戦後の食糧難が続いていて、スープ作りに必要なガラなどの材料が手に入りにくい状況でした。そこでそば職人の経験を持つ青木氏が、煮干しやかつお節を取り入れ、試行錯誤の末に現在の大勝軒の原形とも言える和風スープを完成させたのです」(前出・坂口会長)

 当時は珍しかった魚介系スープが評判を集め、店舗は拡大。系列店で腕を磨いた坂口正安氏が、遠縁の山岸氏を誘って昭和26年に開業したのが「中野大勝軒」だ。スタッフの賄い食だったつけ麺が、同店で「もりそば」として初めて商品化されたことから、「つけ麺発祥の地」として知られる。

「人気店の店主といえども、当時、社会的にはなかなか認められませんでした。そこで会員がともに地位の向上を目指すとともに、相互扶助や親睦を目的に設立されたのが『丸長のれん会』です」(前出・坂口会長)

 丸長なしに、大勝軒はおろか、つけ麺も存在しなかった──。そんな思いがあったのだろう、山岸氏は「東池袋大勝軒」のマスターとして300人以上の弟子を育てながらも、丸長会の会合にはできるかぎり顔を出していたようだ。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク