女子フィギュアFSで新記録!キム・ヨナは現行ルールなら宮原知子以下だった!?

女子フィギュアFSで新記録!キム・ヨナは現行ルールなら宮原知子以下だった!?

 フィギュアスケート世界選手権2016で、今シーズン、シニアデビューしたロシアのメドベージェワ選手が圧巻の演技を見せた。安定したジャンプをはじめとした技術、シニアデビューとは思えない表現力や丁寧な滑りで、世界歴代3位の総合得点223.86点で優勝したのだ。

 しかし、彼女の偉業はそれだけではない。

「メドベージェワは女子のフリー(FS)での世界歴代最高得点を叩き出したのです。これまでの最高得点は、バンクーバー五輪でキム・ヨナが出した150.06点でした。今回、メドベージェワは150.10点で6年ぶりに世界記録を塗り替えました」(スポーツ紙記者)

 キム・ヨナの新記録以降、フィギュアスケートで表彰台争いに絡むような選手を出せずにいる韓国ファンはさぞ悔しいだろうが、彼らの神経をさらに逆なでしそうな事実をもあるという。

「過去の世界歴代最高得点と点数を比べることには、まったく意味がありません。キム・ヨナ選手は確かにバンクーバー五輪で当時の世界歴代最高得点を出しましたが、その直後にGOE(要素の出来ばえに対する点数)が30%減らされるなど、ルールが大幅に改正されて得点が出にくくなっているんです。現行のルールで再計算すると、キム・ヨナ選手がFS最高得点を出した演技も141.85点程度。16年四大陸選手権のFSで宮原知子が出したシーズンベスト142.43点も下回ると言われています」(前出・スポーツ紙記者)

 メドベージェワは現在16歳。まだまだ成長するであろう彼女を脅かす選手が日本人から生まれてくることを期待したい。

(芝公子)

当時の記事を読む

キム・ヨナのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「キム・ヨナ」に関する記事

「キム・ヨナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「キム・ヨナ」の記事

次に読みたい「キム・ヨナ」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。