「怒り新党」抜擢の青山愛アナは右頬のえくぼが魅力的な超才媛!
拡大する(全1枚)

 今春の要注目女子アナは、テレビ朝日の青山愛だろう。青山アナは2011年に入社。同年8月から「報道ステーション」のお天気キャスター、14年4月から「報ステ」のスポーツキャスターを務めた。同キャスターを今年3月末で卒業し、10日スタートの新スポーツニュース番組「スポーツサンデー」のMCに抜擢されている。テレビ誌記者が言う。

「『スポーツサンデー』の初回は、2年間スポーツキャスターを務めてきた経験と実績をいかんなく発揮。相方の大西洋平アナとのコンビネーションも上々だった。『報ステ』時代にファンを魅了した右頬のえくぼも健在。あの笑顔に癒されるともっぱらです。本人は朝番組出演が初めてのため、『朝は未知の世界』とビビっていたんですが、『この番組で、小鳥のさえずりを目指したい』と意気込んでいる」

 今年はオリンピックイヤーで、スポーツの注目度が大幅にアップする。4年に一度のスポーツの祭典を伝えるスポーツキャスターは、登場回数も激増必至で、局の花形といえる。

 青山アナは京都大経済学部卒の才媛。海外在住歴13年の帰国子女で、英検1級のバイリンガルであり、通訳なしで外国人選手と会話ができる。そのため、局も彼女に大いに期待しているという。その期待の表れが「マツコ有吉の怒り新党」への抜擢だともいう。あの夏目三久の後釜に青山を据えたのだ。

 8日の初収録後の会見で、初バラエティ番組出演の青山アナは緊張の面持ち。「大きなプレッシャーと大きな不安を抱えて初収録に臨みましたが、マツコさんと有吉さんの温かな雰囲気と、時折飛んでくる鋭い突っ込みに助けられながら、無事収録を終えることができました」と語った。放送担当記者が語る。