現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(1)事件の背景と経緯

現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(1)事件の背景と経緯
拡大する(全1枚)

「私との関係も長く大切にしてほしい」──。熱狂的に応援する女子大生アイドルに時計を贈った4カ月後、男はファンから殺人鬼へと豹変した。「会えるアイドル」全盛の時代に起きた凄惨すぎる刺傷事件。ファンとの接触は危険と表裏一体、過熱するファンとアイドルとの「接客」を巡る駆け引きと落とし穴を、当事者たちが激白した。

 近隣住民の一人が、事件直後の様子を語る。

「あたりは一面真っ赤な血の海でした。犯行現場には血まみれのマスクと、彼女が担いでいたギターケースが転がっていました」

 5月21日夕方、冨田真由さん(20)は合同ライブに出演するため、最寄り駅から東京・小金井市のライブハウスに徒歩で向かっていた。そのあとを「尾行」する男が一人。捜査関係者が当時の状況を明かす。

「男は冨田さんをJR武蔵小金井駅で待ち伏せて追走。地下にあるライブハウスに入る直前で犯行に及んでいる。身の危険を感じた冨田さんが110番通報した直後に、男は折り畳みナイフで切りかかった」

 男は後ろから羽交い締めにした冨田さんに抱きつくと、首、背中、腕など30カ所以上をメッタ刺し。

「以前から冨田さんのツイッターに執拗な書き込みをしていた男に対し、冨田さんは5月に入ってから武蔵野署に相談。携帯電話の番号を『緊急通報システム』に登録し、万一の事態に備えていた。ところが、通報を受けた警察は携帯電話の位置情報を確認せず、冨田さんの自宅へ捜査員を向かわせるという凡ミスを犯した。そのため、馬乗りになって犯行に及ぶ男を目撃した人が、現場のすぐ隣にある消防署に駆け込み、緊急出動を要請したのです」(社会部記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク