現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(2)フリーで活動することの怖さ

現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(2)フリーで活動することの怖さ
拡大する(全1枚)

 アイドルライターの村山義典氏が、アイドル界の現状を解説する。

「今は芸能事務所に所属していないフリーのアイドルでもライブイベントや撮影会に参加することができ、イベント後に握手会などファンと交流するのが一般的です。冨田さんは正確にはアイドルではなくシンガーソングライターですが、演奏後にCD即売会を行うなど、いわゆるアイドル活動を行っていました」

 今や「会える、話せる、触れられる」がアイドル界の主流だが、それだけにアイドルの身近に危機が迫っているとも言える。

「多くの観客を動員できない地下アイドルは『対バン』という合同ライブに参加し、即売会を行います。フリーのアイドルはほぼスタッフがいない中、1人でCDを手売りするため、購入後のファンにも応対しなければならないことがある。中には40分も話し続ける熱いファンもいますが、これもこなさなければファンが増えないと思い込む子も多いんです」(フリーアイドル・優月心菜さん)

 特に大手事務所に入っていないフリーアイドルが狙い撃ちされやすいという。

「今のアイドルは接客業がメインになっていて、ファンも接客サービスを受けて当たり前だと勘違いしている人も多い。最初はライブを見て『本物のアイドルだ』と喜んでくれていたのに、通い詰めているうちに歌も聴かずに話しに来るだけになるんです。握手会で『この衣装はダメだ』『あの振り付けはおかしい』などプロデューサーのようにお説教したり、『歌が下手だ』『ブスだ』など誹謗中傷するクレーマーも‥‥。ライブ会場以外でも、待ち時間などに周辺で時間を潰していると声をかけてきて、それを無視すると『聞いてるのかよ、クソ!』など暴言を吐かれてしまうことも」(前出・優月心菜さん)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「地下アイドル」に関する記事

「地下アイドル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「地下アイドル」の記事

次に読みたい「地下アイドル」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク