現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(3)SNSを使用したプロモーション活動のデメリット

現役アイドルが明かす「女子大生アイドル刺傷事件の闇」(3)SNSを使用したプロモーション活動のデメリット
拡大する(全1枚)

 スポーツ紙芸能デスクが言う。

「最近はプロモーション費用を抑えるため、芸能事務所も所属タレントにSNSを使うことを奨励しています。ただし、ファンの書き込みに返信をするとトラブルに発展するケースもあるため、リプ(返信)は1回だけ、などの制約を設けたりも」(芸能デスク)

 アイドルがCDの発売やイベントなどの告知に利用しているブログやツイッターなどのSNSも、犯罪の温床になっているという。フリーアイドルの優月心菜さんによれば、

「リプはメインの仕事ではないのですが、ファンも勘違いして『Aちゃんは返信くれるのにBちゃんはくれない』と文句をつけてきたりする。そのため、ファン全員に返信し、歌やダンスなど本業がおろそかになってしまう子も多い」

 ある地下アイドルは、

「ツイッターでファンからのリプへの返答が大変になり、使うのをやめたことがあります。複数のファンが『おはよう』『おやすみ』のメッセージを毎日送ってきたり、1日に何度も『今、何してる?』『お昼は何食べた?』などと送られてくるので心が折れました」

 と嘆息するのだ。

 SNS活動には、それ以上の危険も付きまとう。

「フリーのアイドルにとってSNSは一番の宣伝の場なんです。といって、むやみに写真などを掲載すると、写真に映った情報などから自宅や最寄り駅などを特定されてしまう。私も実際、ブログ写真から場所を特定してストーキングされました。駅での帰り待ちです。帰宅時、駅を通過するちょうどそのタイミングで『お疲れさま~』と書き込まれました」(グラドル吉沢さりぃさん)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

優月心菜のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「優月心菜」に関する記事

「優月心菜」に関する記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク