知っているだけで寿命が延びる「真・ガン知識」(2)農薬も食品添加物も問題なし

知っているだけで寿命が延びる「真・ガン知識」(2)農薬も食品添加物も問題なし

 がんのメカニズムがわかったら、次は予防が可能かどうか、である。米ハーバード大学の論文によれば、がんの原因はタバコが30%、食事や肥満が30%、5%が運動不足とされ、この3つに気をつければ3分の2は防げるはずだという。

 確かに、タバコや肥満、運動不足ががんのリスクを高めることは理解できる。日々の食事については、昨今、野菜の農薬に含まれる発がん性物質が問題視されているが‥‥。

「まったく気にする必要はありません。農薬でがんになったという論文はありませんし、根拠は怪しい。第一、日本で出回っている無農薬の野菜や果物は1%もない。それを毎日口にすること自体、現実的でありません。そんなことを心配するより、ふだん吸い込んでいる排気ガスのほうがよっぽど危険な物質を多量に含んでいる。そうした現実の中で、ごく一部だけ神聖な領域を作ったところで無意味です」

 さらに、食品添加物も恐れる必要はないという。

「食品添加物が問題視され始めた昭和30年代後半。当時はまだ遺伝子研究の分野も未熟だった時代で、細胞の遺伝子が変異したらすぐに『発がん物質だから、食べたらがんになる』と言われました。しかし肝臓には強力な解毒作用があり、人体に影響するまでにはいくつものハードルがあることがわかりました。人間の体はそんなに弱くはないということです」

 誤った情報といえば、「魚の焦げを食べるとがんになる」説もあるが、

「動物性たんぱく質が焦げると発がん物質を発生しますが、ごく微量なもの。極端な話、1トンくらい食べないとがんにはなりません。20年前は確かにそう言われたこともありましたが、今は国立がんセンターの情報からも削られています」


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。