あぁ、阪神タイガース「大暗黒時代」がまたやってくる(1)

 交流戦でも借金生活の成績に甘んじている阪神タイガースの内部から不協和音が漏れ始めている。猛虎打線は鳴りを潜め、助っ人は、もはやチームに見切りをつける始末。あの村山・中村政権時代の悪夢が再びやってくるともっぱらなのだ。

株主総会でも批判の的に…

 交流戦期間中に勝率5割を切り、まさかの4位転落。阪神がとにかく精彩を欠いている。

 阪神ファンならずともその要因は一目瞭然。何しろ打てないのである。6月13日まで、10試合連続で得点が3点以下。リーグ3位の防御率でふんばる投手陣を見殺しにしている状況なのだ。

「今月14日に開かれた親会社の株主総会では、南信夫球団社長が株主に『ふがいない戦いで申し訳なく思っている』と謝罪する一幕や、男性株主からは、『外から呼んできた城島(健司)や小林(宏)が活躍していない。不良債権になっている』と断罪される場面もあった。その日の試合では久しぶりに4得点して勝利。かろうじて面目を保ったが、あまりの貧打に球団首脳も危機感を持ち始めてますわ」(阪神番記者)

 ペナント序盤では、だましだましの采配で、何とかチーム状況のわりに成績を保ってきた阪神。しかし、交流戦で一気に馬脚を現してしまっただけに、事態も深刻だ。

 株主総会から遡ること3日前、6月11日のソフトバンク戦の練習前、南球団社長と和田豊監督の会談が持たれたものの、最終的に球団側の要望を伝えるだけに終始したという。在阪スポーツ紙記者が次のように話す。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2012年6月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。