あぁ、阪神タイガース「大暗黒時代」がまたやってくる(3)

「主力選手全員いなくなる」

 だが、阪神OBの解説者の江本孟紀氏は、チーム編成の課題が露出した結果ではないかと指摘する。

「和田監督にカリスマ性がないのは確かですが(笑)、それは最初からわかっていたこと。投手起用などは前監督に比べて利にかなっているし、采配自体に問題があるわけでもない。不振のクリーンアップ、マートン、ブラゼル、新井貴浩(35)といった主軸を思い切って外すことができないのは、代わりの選手がいないから。育成と補強がうまくいっていない証拠でしょう」

 中でも今季4番スタートだった新井は、「貧打の象徴」と言われるほど、その不振ぶりは深刻だ。5月には6番に降格。今も5番を任されつつも打率は2割2分7 厘( 6 月14日現在)と、全盛期とは程遠い。

 さらに現在のチーム状況を象徴しているのが、金本の怠慢プレーだ。

「右肩に爆弾を抱えた金本の存在が、過去最大級に問題化している。象徴的だったのは、5月31日のロッテ戦。レフトの定位置より何メートルも手前に打球が落ちたが、二塁ランナーが一気に生還して同点になった。普通ならアウトでしょ。ところが金本は投げようともしないで、ボールを持ったままショートの鳥谷に向かって走って行って渡した。そもそもロッテの三塁コーチが、打球が金本の前に飛んだ瞬間に手をぐるぐる回していた。金本の肩、緩慢な動きを全て見透かしていました」(前出・トラ番記者)

 まさに、ベテランから若手まで、チーム内は不穏な空気に包まれている。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。