田中角栄 日本が酔いしれた親分力(15)金庫番として田中を支える

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(15)金庫番として田中を支える
       

 69年(昭和44年)12月、田中が幹事長として采配を振る第32回衆議院総選挙が公示された。

 それから間もない夜、代議士の1人から、赤坂の佐藤昭の自宅に電話がかかってきた。その代議士はあわてていた。

「資金不足で、当落が危ないんです。今日の11時の夜行列車に、使いの者を乗せます。どうか援助してください」

 時計は、夜の10時になろうとしていた。早寝早起きの田中は、すでに床に入っているにちがいない。起こしては悪い。

 田中が次の総理総裁の椅子を狙い始めた頃から、資金援助を求めてくる政治家たちがひときわ多くなった。今回の選挙では、さらにその数が増えて、昭の自宅に電話がくることも多々あった。

 昭は、資金援助を求めてきた代議士に言った。

「わかりました。お渡ししますので、事務所までご足労下さい」

 いくら田中が寝ている時間とはいえ、金を渡さなければ、田中の沽券にもかかわる。

〈勝手に金を渡して、田中が怒るようであれば、私が1年分の給与をもらわなければいいのだから〉

 昭の肚は据わっていた。

 田中がだいたいどれほどの金を渡すか、傍でいつも見てきた。田中はいつも金額を公平にしようとしていたが、個々の代議士によって状況はかなり違うので、そこも加味しなくてはならない。

 昭は翌朝早く、砂防会館の事務所に出かけた。

 金庫から金を出すと、その代議士の使いの人に手渡し、こう言った。

「このお金は、お返しいただかなくても結構ですよ。どうぞ、頑張って当選してきて下さい」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「政治家 + 不祥事」のおすすめ記事

「政治家 + 不祥事」のおすすめ記事をもっと見る

「政治家 + スキャンダル」のおすすめ記事

「政治家 + スキャンダル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「議員」のニュース

次に読みたい関連記事「議員」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月21日の政治記事

キーワード一覧

  1. 政治家 スキャンダル
  2. 政治家 不祥事

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。