リオ五輪を100倍楽しむ「日本代表」男女“秘”プロフィール(1)競泳は女子高生トリオに注目

リオ五輪を100倍楽しむ「日本代表」男女“秘”プロフィール(1)競泳は女子高生トリオに注目

 南米大陸で初となるリオデジャネイロ五輪まで、あとわずか。8月5日の開幕式直後からいきなり、日本代表メダル候補の柔道体操男子、バレーボール女子の熱戦が繰り広げられる。スポーツ番組やスポーツ紙が報じない、選手たちの“秘”プロフィールを肴に、盛り上がるための観戦ガイドを大放出する!

 12年のロンドン五輪でメダルラッシュに沸いた日本代表競泳陣。金メダルこそ逃すも、男子バタフライ銅メダルの松田丈志(32)から「(北島)康介さんを手ブラで帰すわけにいかない」の名言も飛び出し、男女合わせて11種目でメダルを獲得した。今回も水泳ニッポンの活躍が楽しみだが、注目は初出場のJK軍団の活躍だ。スポーツ紙デスクが解説する。

「女子高生4人組が話題です。目標は20年、東京五輪での金メダルに置いていますが、長谷川涼香(すずか)(16)と池江璃花子(16)、今井月(るな)(15)の3人はメダルのチャンス十分。200メートルバタフライの長谷川は今季、日本最高タイムを記録し、世界ランク3位にジャンプアップした。15年の世界選手権覇者、星奈津美(25)とのダブル表彰台を期待されています。2人とも嵐のファンで、星は大野智派。長谷川は慶応卒の櫻井翔派で大の勉強好きですが、競泳コーチで『巨人の星』ばりのスパルタ指導の両親からは『勉強するな』と言われている(笑)。名前の由来は、元五輪スイマーの千葉すずです」

 今の好調ぶりなら、池江も今井も長谷川に負けてはいない。競泳陣最多の7種目(自由形100メートル、200メートルほか)に出場する池江は、昨年10月に100メートルバタフライで日本記録を樹立すると、この7月までに4種目で6度目の日本記録更新という快進撃を見せた。民放局スポーツ担当記者が特に注目するのは、


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月31日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。