小池百合子 橋下徹と合体?「新党クーデター」日本支配計画!(2)10月衆院補欠選挙での「密約」

小池百合子 橋下徹と合体?「新党クーデター」日本支配計画!(2)10月衆院補欠選挙での「密約」

 だが、思い出していただきたい。自民党幹部に相談のないまま出馬した小池氏に、党は猛反発。小池氏は公認も推薦も得られず、自民党は増田氏を公認対抗馬として擁立する対決姿勢を見せたはずである。そして小池氏もまた選挙戦で自民党都連批判を繰り広げた。事情を知る自民党都連幹部が、この背景を解説する。

「小池氏は都知事選告示前に、自民党本部に谷垣禎一幹事長(71)を訪ね、進退伺を提出した。ところが、何ら返答はなく、党籍は残ったまま。都連は『本人、あるいは親族であっても、小池氏を応援したら処分する』という恫喝文書を出し、増田氏支援を強調しましたが、あの文書は都議会のドンと言われる内田茂自民党都連幹事長(77)が『どうしても出せ』と強硬に主張して配布したもの。石原伸晃都連会長(59)も知らなかったんです。当然、安倍総理も、小池氏を除名するつもりなどありません」

 いや、それどころか、

「(小池氏の選挙区である)豊島区の自民党都議14人のうち5人が積極的に小池氏を応援した。さらには、自民党系団体幹部が小池氏の選対スタッフとして入るなど秘密裏にバックアップしていました」(自民党都議)

 自民党本部の大物幹部もこんな証言をしてくれた。

「実は小池氏は、出馬数日前に安倍総理、谷垣幹事長、下村博文総裁特別補佐(62)ら幹部に、出馬の意思を伝えています。この時点で安倍総理は、誰を(対抗馬に)出しても勝てないのでは、と半ば諦め気味だった。桜井俊元総務事務次官(62)に直前で断られ、急きょ、擁立したのが増田氏でした」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 小池百合子 東京五輪
  2. 小池百合子 豊洲市場
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2016年8月5日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「小池百合子 + 東京五輪」のおすすめ記事

「小池百合子 + 東京五輪」のおすすめ記事をもっと見る

「小池百合子 + 豊洲市場」のおすすめ記事

「小池百合子 + 豊洲市場」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小池百合子」のニュース

次に読みたい関連記事「小池百合子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。