舛添要一 小池新都知事誕生の裏で進める「銭ゲバ」カムバック作戦

舛添要一 小池新都知事誕生の裏で進める「銭ゲバ」カムバック作戦
拡大する(全1枚)

 大量得票を獲得し、小池百合子新都知事(64)が堂々初登庁した。これも政治資金を不正使用した舛添要一前都知事(67)の“置き土産”だが、当人はほっかむりしつつ復帰に奔走しているようで──。

 得票数290万票以上と、都知事選初当選では歴代2位の圧勝をひっ提げ、8月2日に初登庁した小池知事。選挙では自民党都連と対立したものの、4日に行われた安倍晋三総理大臣(61)との対談では総理みずから、

「一本取られました」

 と白旗を揚げた。同日には、石原伸晃経済再生担当相(59)と、「都議会のドン」内田茂都議(77)が仲よく都連会長、都連幹事長職を引責辞任。このことからも、安倍総理が強調する小池知事との「融和」は、本気のようである。

 一方、「資料」として政治資金で美術品を購入などして、都庁から追われた舛添前知事にも動きがあった。小池知事初登庁前日に、公私混同「疑惑」が「違法」と判断されたのだ。ある政治部記者が語る。

「1日、都監視委員は公用車を使った湯河原の別荘通いを無罪としました。しかし、コンサートや野球観戦に家族同伴で公用車を使った件は違法と判断したのです」

 これを受けた都は、今月中にも舛添前知事にガソリン代などの返還を請求する予定だ。それでも当人が猛省しているかというと、そうでもないようだ。ある制作会社スタッフが進行中のカムバック作戦を明かす。

「すでに何社かのテレビ局に、舛添さんのスタッフが復帰出演の企画を持ち込んでいると聞きました。リオ五輪、パラリンピック終了後のテレビ復帰を模索していたようです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

舛添要一のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「舛添要一」に関する記事

「舛添要一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「舛添要一」の記事

次に読みたい「舛添要一」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク