稲田朋美 ネトウヨ萌えな「メガネっ娘」素顔を先生調査!(2)政治能力には疑問の声も?

稲田朋美 ネトウヨ萌えな「メガネっ娘」素顔を先生調査!(2)政治能力には疑問の声も?
拡大する(全1枚)

 結婚生活によって夫が購読していた「産経新聞」と、産経新聞出版の月刊誌「正論」を読むようになり、保守思想を学び始める。政治評論家の浅川博忠氏はこう話す。

「弁護士時代、産経新聞に月1回ペースで原稿を寄稿していました。それを読んだ安倍総理が、稲田氏のタカ派的発想に感心して、政治家になってほしいと目をつけていたのです」

 日中戦争時の事実関係を争った「百人斬り訴訟」では原告側弁護人を務めた。「行動する保守論客」として保守の世界で頭角を現すと、自民党若手議員の勉強会で講師を務めることもあった。

 05年夏、「郵政解散」が決まり、第44回衆議院選挙が行われると、当時、小泉政権下で幹事長代理だった安倍総理に口説かれ出馬。初当選して政界入りした。第二次安倍政権で、行政改革担当相に抜擢されるや世間への知名度が広まっていく。

 だが、公務員改革や農協改革での実績を評価する向きがある一方で党内では政治能力に疑問も出ている。

「昨年6月、甘利明経済財政政策担当大臣(当時)と歳出削減額を巡って揉め、怒らせていました。政調会長に必要な調整力はなかったと評価されています」(政治部デスク)

 ある自民党の中堅議員も稲田氏への不満を隠すことなく、政治部記者にこう話している。

「中身は空っぽだ。歴史認識では自分の意見があるけど、それ以外は官僚の意見を右から左に流すだけ。リーダーには向いていない」

 稲田氏が所属する「細田派」会長の細田博之総務会長(72)も苦言を呈しているという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「稲田朋美」に関する記事

「稲田朋美」に関する記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク