新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(1)小池百合子VS石原慎太郎「愛憎50年」

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(1)小池百合子VS石原慎太郎「愛憎50年」

 混迷の度合いを深める築地市場の移転問題。9月28日からの都議会本会議では、小池百合子東京都知事が石原慎太郎元知事を呼び出すかどうか、「激化」が予想されている。両者の50年の愛憎に決着が着くのか──「盛り土」をもっても浄化しきれない、移転を巡る「10の衝撃真相」が取材で噴出した!

「間もなく84歳になる年齢の影響もあって、たとえ重大な事柄であっても記憶が薄れたり、勘違いをしたりすることも考えられます」

 在任期間中に豊洲移転を決定した石原慎太郎元都知事(83)は「謎の地下空間」の責任の所在を追及されると、高齢を言い訳にこう煙に巻く策に打って出た。

 飛ぶ鳥落とす勢いの小池百合子都知事(64)の猛追を受け、石原氏はもはやお手上げと白旗を揚げた格好だ。両氏の遺恨と言えば、今年7月の都知事選で、石原氏が「大年増の厚化粧」などと小池氏を罵倒し、敵対したことが記憶に新しい。政治部デスクが解説する。

「本来2人はタカ派的思想で政治家としてのイデオロギーも近い。実際、14年に5000万円の資金提供問題で辞任した猪瀬直樹氏(69)の後任候補として、小池氏を擁立しようとしたのが当の石原氏。『必要な金も出す』と言うほど小池氏にほれ込んでいた」

 しかし、当時対立候補には、絶大な人気の舛添要一氏(67)が控えていた。そこで、小池氏は出馬を見送ったという。そもそも小池・石原氏の関係は50年も前まで遡る。ジャーナリストの森省歩氏が語る。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 小池百合子 東京五輪
  2. 小池百合子 豊洲市場
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2016年10月1日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「小池百合子 + 東京五輪」のおすすめ記事

「小池百合子 + 東京五輪」のおすすめ記事をもっと見る

「小池百合子 + 豊洲市場」のおすすめ記事

「小池百合子 + 豊洲市場」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「馳浩」のニュース

次に読みたい関連記事「馳浩」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。