週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(1)中村玉緒が勝新「波瀾の生涯」を語り尽くす

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(1)中村玉緒が勝新「波瀾の生涯」を語り尽くす
拡大する(全1枚)

「総理大臣の代わりはいるが、オレの代わりはいない」

 堂々と言ってのけた稀代の俳優・勝新太郎。週刊アサヒ芸能にも創刊の年から登場し、97年6月21日に亡くなるまで多くの話題を提供した。まもなく没後20年となるが、妻・中村玉緒(77)が初めて“偽らざる胸中”を明かした。

──亡くなって20年という年月は、どのくらいの長さですか?

玉緒 それが今でもふと、亡くなっていることはわかってるのに「あれ、主人はどこ行ってんのかな?」と錯覚してしまうんですよ。不思議なもんですなあ。まあ、生きてる時もあまり家に帰ってきいしまへんでしたし(笑)。

──今も心の中に生きている感じですか。

玉緒 そうですなあ、帰ってきたら遺影に向かって「今日はこうでしたよ」と。出かける時は「ロケで2、3日おりません」と話しかけてます。

──変わらないんですね。

玉緒 腹が立つくらい私は主人のファンなんですよ。勝新として6、男性として4の比率くらいでしょうか。私はもともと二枚目が好きなんです。

──勝新も映画デビュー当時は「白塗りの美男俳優」でした。

玉緒 そうでしたなあ、それが「不知火検校」(60年)で悪を演じて。大映は長谷川一夫さんや市川雷蔵さんなど二枚目がスターでしたが、主人のように“悪”が主役だったのは初めて。

──さらに「悪名」や「座頭市」とヒットシリーズが始まりました。

玉緒 私と婚約して1作目が「悪名」(61年~)で、結婚した直後が「座頭市」(62年~)やったんですわ。主人は相手役の方に恵まれたゆうのもありますね。「悪名」では田宮二郎さん、「座頭市」では天知茂さん、そして「兵隊やくざ」(65年~)には田村高廣さんが最初にいてくれました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

勝新太郎のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「勝新太郎」に関する記事

「勝新太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「勝新太郎」の記事

次に読みたい「勝新太郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク