週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<政治家たちの女性スキャンダル>

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<政治家たちの女性スキャンダル>
       

 政界を生き抜くセンセイたちは、タフでなければならない。もちろん下半身のほうも‥‥。「英雄、色を好む」と言えば格好もつくが、スキャンダルに発展しては目も当てられないことになる‥‥。

 死後二十数年を経て、関連本が次々と刊行されている田中角栄氏。正妻以外に複数の女性との間に子供がいることは周知の事実だが、生前からことさら批判されることはなかった。

 週刊アサヒ芸能は角栄氏と公私ともに深い関係にあった「越山会の女王」こと、佐藤昭子氏に直撃インタビューを行っている。角栄氏の政界引退の翌月、1989年11月9日号に掲載されている。

「プライベートなことは、いつか私が自伝を書く時のために、まだとっておきたいから」

 と、単なる金庫番でなかったことを匂わせている。そして、佐藤氏は角栄氏と比較して、政治家の小粒化を嘆いていた。

 政治家の小粒化のせいなのか、それとも世間が不倫に厳しくなったのか、以後は政治家の下半身事情への目も厳しくなっていく。

 その最たる例が宇野宗佑氏だろう。総理就任からわずか3日後、「サンデー毎日」で神楽坂の芸者が愛人だったことを激白する。三本指を握って、「これで俺の愛人になれ」と言ったことは大きく報じられ、69日の在任期間で宇野氏は総理を辞任するに至った。そして告発から22年目の10年、8月26日号で芸者がインタビューに答えた。

「花柳界で旦那になるということはステータスです。なのに、宇野さんは気っ風が悪くて、別れ方も粋じゃなかった」


アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月22日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。