サッカー日本代表監督・ハリルホジッチの「ジーコ化」で内紛分裂が勃発秒読み

サッカー日本代表監督・ハリルホジッチの「ジーコ化」で内紛分裂が勃発秒読み

 サッカー日本代表が、ロシアW杯アジア最終予選の大一番を迎えた。負ければ出場に黄信号、ハリルホジッチ監督(64)の進退問題も再燃するところだが、決戦を前にして、すでに選手と監督の間にはすきま風が吹いているようで‥‥。

 11月15日夜、日本のホーム・埼玉スタジアムで、グループB首位のサウジアラビアと天王山決戦が行われる。

 9月から始まった最終予選で、日本は初戦のUAEに逆転負け。格下のタイとイラクに連勝したが、ライバルのオーストラリアに引き分けて、いまいち波に乗れていなかった。サッカージャーナリストの六川亨氏はこう語る。

「先制点を取っても、セットプレーから簡単に失点する場面が多くて、勝ちきれませんでした。サウジアラビアは首位を走っていますが、実力どおりに戦えば勝って当たり前の相手。引き分け以下ならハリル監督の解任は避けられないでしょう」

 にもかかわらず、ハリル監督が優先起用する「海外組」は最悪の状況だった。レギュラーメンバーのFW本田圭佑(30)、FW岡崎慎司(30)、MF香川真司(27)、MF清武弘嗣(26)、DF吉田麻也(28)は、夏に海外リーグが開幕してからもベンチを温める日々が続いている。特に本田は所属クラブのACミラン(イタリア)でプレーに非難が集中しているありさまだ。

「10月25日のジェノア戦で、今季の先発初出場を果たしましたが、本田が失点に絡んで敗戦。ミランの公式ツイッターは『すぐに代えろ』『出て行け!』『二度と使うな』と炎上。それから試合に出ていません」(海外在住サッカージャーナリスト)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2016年11月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。