国内GI馬8頭が参戦「香港国際競走」4レースを渾身予想!(1)香港Cは内枠有利枠順は要チェック

国内GI馬8頭が参戦「香港国際競走」4レースを渾身予想!(1)香港Cは内枠有利枠順は要チェック

 海外馬券発売の第4弾となる「香港国際競走」。12月11日、日本では阪神JFが行われる前後に、香港シャティン競馬場で4つのGI戦が繰り広げられる。昨年は日本馬が2勝の大活躍。今年もGI馬8頭を含む13頭が狙いすましての参戦となるだけに、しっかりとチェックし、ガッポリ儲けたいものだ。

 あの“世界のロードカナロア”が12年、13年と「香港スプリント」を連覇し、日本の競馬ファンにもおなじみの香港国際競走。

 昨年は「香港カップ」で、エイシンヒカリとヌーヴォレコルトがワンツーを決め、「香港マイル」ではモーリスが勝利した。今年も3頭そろって参戦するが、「香港スプリント」には、今年の高松宮記念を制したビッグアーサーやスプリンターズSを制したレッドファルクスが名乗りを上げるなど、国内のGI馬8頭が香港に遠征する。

「海外競馬・勝つためのプレミアム・データ&テクニック」(ガイドワークス)の著者で、競馬ライターの秋山響氏に、まず、シャティン競馬場の特徴を聞いた。

「右回り1周1899メートル、直線は430メートルでほぼ平坦なコースです。芝はドバイのメイダン競馬場と一緒。良馬場であれば、日本馬はあまり適性を気にする必要はないと思います。ただ、実際に歩いた感触は、同じ良馬場で比較すると、散水量が多いためなのか、メイダンのほうが少し重い印象を受けました」

 昨年の「香港カップ」ではエイシンヒカリが2分0秒6のレースレコードをマークしているが、これは香港の馬場が、時計がかかるからというわけではない。


アサ芸プラスの記事をもっと見る 2016年12月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。