国内GI馬8頭が参戦「香港国際競走」4レースを渾身予想!(2)スプリント戦は香港勢が脅威

国内GI馬8頭が参戦「香港国際競走」4レースを渾身予想!(2)スプリント戦は香港勢が脅威

「香港カップ」同様、日本馬に注目の集まるレースが「香港スプリント」だ。

 秋山氏によると「基本的には日本馬にとって鬼門のレース」だそうで、香港勢を次のように分析する。

「過去10年で、香港勢が7勝と抜群の成績を残しています。ただ今年は、確固たる中心馬が不在ですから、日本馬も含めて手広くいくべきでしょう」

 中でもラッキーバブルズは、馬券の軸としてオススメだという。

「今年5月、ここと同条件のGIチェアマンズスプリントプライズで、豪のトップホース・シャトーカの2着。そのシャトーカが不在なら、最上位の存在です」

 香港勢の2番手はノットリスニントゥーミーだ。

「前走GIIジョッキークラブスプリントでラッキーバブルズを下して、それまでの1000メートル専用馬のイメージを払拭しました」

 15年の高松宮記念を完勝したエアロヴェロシティや、昨年の勝ち馬ペニアフォビアも怖い存在となる。

「前者は実力なら1番でしょう。ただ心房細動や疝痛などのアクシデントが続き、やや峠を越えた感も否めません。後者は先行力がピカイチです。前が残るような展開であれば‥‥」

 対する日本馬については、牧野氏が解説する。

「ビッグアーサーはスプリンターズSで12着に敗れましたが、心配ないですね。放牧先から戻ってきて、態勢は万全です。藤岡調教師が『最後に脚が上がるのは織り込み済み。この追い切りをすることで仕上がる』と話されたように、しっかりと負荷をかけて、いい状態に見えました」

 同馬が海外で走るのは今回が初めて。どんなに実力がある馬でも、初遠征というのは気になるところだ。

「馬の順応性に左右されますよね。当日の馬体重が1つの目安になると思います。大幅に増えていたり、落としている時は疑ってみてもいいかなと」

 同じレースに出走するレッドファルクスも、海外遠征は初めてとなる。

「馬は初めてですが、尾関調教師は昨年もサクラゴスペルで参戦しています。海外遠征に積極的で、キズナの帯同馬だったステラウインドは管理馬。現地に同行して、調教や実戦を経験しているのは心強いですね」

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2016年12月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。