署名運動も!のん、映画の大ヒットで「能年玲奈」を名乗れる日が来る!?

署名運動も!のん、映画の大ヒットで「能年玲奈」を名乗れる日が来る!?

のん”こと能年玲奈が主人公の声優を務めるアニメ映画「この世界の片隅に」が、SNSなどの口コミから火が付き大ヒット。快進撃が止まらないという。

「全国映画動員ランキングでも3週連続で前週超え。今やトップ3を狙う勢いです。このヒットをきっかけに、『ユアタイム』(フジテレビ系)や『あさイチ』(NHK)といったテレビ番組でも取り上げられ、この勢いは当分止まりそうもありません」(テレビ誌ライター)

 この人気に乗り、今月16日には、のんの写真集「のん、呉へ。2泊3日の旅~『この世界の片隅に』すずがいた場所~」が発売される。のん自身も復活に向けて、最高のスタートを切ったといってもいいのではないか。

「のんも『すごくてこずりました。現場でとことん向き合っていただきました』とコメント。実際に現場でも、声の出し方から人物描写に至るまで、監督を質問攻めにしていたと聞いています。ほわほわしていて可愛らしく天然、だけど決めたらやり通す強さを持つ主人公の存在が、のんのイメージと重なり合ってこのヒットが生まれていると見る声もあります。この映画をきっかけに、のん自身も大きく飛躍するのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 そんななか、「能年玲奈」という芸名をもう一度復活させようとするファンの動きが、ネットを中心に盛り上がっているという。

「もともと『能年玲奈』は、彼女の本名。NHK朝ドラあまちゃん』の大ブレイクで、国民的女優にまで成長したのに、事務所との確執で封印されてしまいました。テレビなどメディアへの出演も難しい現状を、なんとかしたいというファンが、もう一度『能年玲奈』を名乗れるように署名運動に動き始めています」(事務所関係者)

 映画の大ヒット、写真集の発売、署名運動と、追い風に恵まれたのんだが、本当に「能年玲奈」を再び名乗れる日がやってくるのだろうか。

「もしチャンスがやって来るとしたら、2019年に放送が決定しているNHKの大河ドラマ。脚本・宮藤官九郎、スタッフも『あまちゃん』チームですから、復活の舞台としては申し分ありません。テーマは、オリンピック。翌年の東京オリンピックを控え、NHKも話題作りに乗ってくる可能性大ですよ」(放送作家

 NHKを巻き込んだ復活劇をぜひ見てみたいものだ。

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。