記憶力低下、疲労感…「男の更年期障害」にテストステロン補充で第2の青春を

記憶力低下、疲労感…「男の更年期障害」にテストステロン補充で第2の青春を

 物事をやるのが億劫だ。体がダルい。ヤル気が起きない。そんな症状を冬の寒さのせいだと思っていると大変。男性ホルモンの減少が原因という場合が多いといい、それがなんと、鬱病やガンの原因にもなるというのだ。

 亡くなった漫画家・はらたいらさんが使って有名になった言葉が「男の更年期障害」。症状は「認知・身体機能の低下(うつ・メタボ・骨折・不眠・肩こり・衰弱・筋力の衰え・頭痛・疲労感・記憶力低下・脳の海馬の減少)」。現在、世界的にLOH症候群(男性更年期障害)と呼ばれている。更年期障害の原因は女性の場合、閉経という劇的な変化を伴うのに対し、男性の場合にはそのような変化が起きない。さらに、「やる気のなさ」「体のダルさ」は怠けていると見られ、自身を責めてますます症状を悪化させてしまう。東洋医学研究家で整体師の三上藤雄氏が言う。

「東洋医学では、体の中での活力の場を『腎』と呼び、生命の源と考えられています。この『腎』の活力がなくなってしまう状態を『腎虚』と呼び、男性の大厄である42歳がこの腎虚になりやすい年齢と説いています。これが男性の更年期の正体です」

 西洋医学の世界でも近年の研究によって、男性更年期障害の原因、つまり「腎虚」の原因は男性ホルモンの低下によることがわかったという。三上氏はこうも付け加える。

「冬は五行学説で考えると『腎』にあたる時期。『腎』は寒さに弱いため体が冷えたり、この時期に不摂生な生活を続けたりすると、機能が衰えやすくなってしまう」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2016年12月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら