「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(4)バスト乱世50年のヒストリア

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(4)バスト乱世50年のヒストリア
       

 二足歩行の人類にとって、進化した豊満な乳房を目にできるのは幸福なことだ。その象徴である有名人たちは、いくつもの歴史的な転換期を創造していた。

 故・大橋巨泉に初めて「ボイン」と命名され、偉大なる一歩を踏み出した朝丘雪路(81)は、かつて週刊アサヒ芸能に“その瞬間”を語っている。それは今から半世紀前、67年のことだ。

「一緒に『11PM』(日本テレビ系)の司会をやっていて、ある日、局の廊下で正面からぶつかったの。巨泉さん、私の胸に当たって、とっさに『ボインボイ~ンって感じだね』と言いながら後ろに倒れちゃったの。実際、当時は98センチのFカップあったのよ」

 月亭可朝が「嘆きのボイン」を歌い、故・小島功画伯が「ヒゲとボイン」を連載し、完全にボインという言葉が定着した。

 やがて70年代、日本初のポルノ女優と命名されたのが池玲子(63)である。東映の作品を中心に98センチの乳房を惜しげもなく披露し、コアな人気を誇った。82年の引退後、一切、姿を見せないのは寂しいかぎりだ。

 ドラマの「サインはV」(TBS系)や「傷だらけの天使」(日テレ系)で鮮烈な印象を残した中山麻理(68)もまた、70年代の忘れえぬセクシー女優。ハーフ特有の奔放な肢体は、いくつものハードな濡れ場で輝いた。

 三田村邦彦との泥沼の離婚騒動後、コンビニ店員をしているところを13年に報道されている。

 そんな70年代、アイドル歌手は「胸が大きくてはいけない」との不文律があった。小柳ルミ子やアグネス・チャンが当時、サラシを巻いて目立たなくさせていたのは知る人ぞ知る話だが、この牙城を破ったのが榊原郁恵(57)である。


当時の記事を読む

大橋巨泉のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大橋巨泉」に関する記事

「大橋巨泉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大橋巨泉」の記事

次に読みたい「大橋巨泉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。