男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(2)「鰐淵晴子・悪魔が来りて笛を吹く(1979年)」

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(2)「鰐淵晴子・悪魔が来りて笛を吹く(1979年)」

 清純な子役からスタートし、やがて、幻想的な艶姿を見せるようになった。女・鰐淵晴子(71)は、今もどこか浮世離れした存在感を放つ。

 私は母親が厳しかったので、キスシーンも許してもらえませんでした。それでも、最初の結婚離婚を機に、アメリカに渡って写真集を撮ったのが70年のことです。

 発表したら母親とは喧々諤々でしたけど、作品としてきちんと残せた。今なおフランスで写真の個展が開かれるなどしておりますので、撮ってよかったと思います。

 あのグラマーな乳房の表紙のことをよく言われますが、単にライティングがよかったんでしょうね(笑)。ニューヨークの街角でゲリラ撮影したことも、今では懐かしく思います。

 そして今回は、金田一耕助探偵が登場する「悪魔が来りて笛を吹く」(79年、東映)のお話が中心ということでしたね。あの作品に出た時の私は34歳で、激しいベッドシーンというのも初めてのことでした。

 私が演じたのは元子爵の椿家に嫁いだ秋子です。40歳になって、大きな娘もいるのに、今なお少女のような若さを持っているという役です。秋子は小さい頃からの乳母を、今もそばに置いて身の回りのことをさせているような女性です。

 この秋子には重大な秘密があります。実の兄である新宮利彦と関係を持ったばかりか、その子を産み落としてしまったことが「悪魔が来りて」の由来になっています。

 監督は斎藤光正さんで、私は楽屋で涙するくらい、毎日、怒られてばかりいました。監督は黒澤明さんの「白痴」(51年、松竹)をベースにしていて、森雅之さんが演じた主人公を私に重ねているとおっしゃられました。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。